スポンサードリンク

東北 人気 温泉



東北には、豊かな大自然の中に、数多くの温泉があります。東北の人気温泉として有名なのは、乳白色の湯を持つ乳頭温泉郷です。7湯8軒の宿の乳頭温泉郷は、田沢湖の北東に位置するひなびた風情の温泉地です。日本一の深さと、高い透明度を誇る田沢湖にあるのは、田沢湖温泉です。乳頭温泉郷、田沢湖温泉には、さまざな泉質があり、慢性皮膚病、動脈硬化症、高血圧症、糖尿病などの効能を持っています。湯の色は、乳白色だけでなく、緑色がかった色や透明な湯などがあり、一つの温泉地でいろいろな種類の温泉に浸かれる楽しみがあります。

慢性皮膚病の効能がある温泉は数ありますが、特に皮膚に効くのが、開湯西暦百十年「奥羽三高湯」に数えられる山形の蔵王温泉です。強い酸性の硫黄泉なので、子供が丈夫に育つ湯や難病治療の湯、美肌の湯とも呼ばれています。また、仙台の奥座敷といわれる宮城県の秋保温泉は、1500年ほどの歴史を持ちます。欽明天皇が秋保温泉の湯により全快されたことから「名取の御湯」の称号もある日本三御湯の一つとして有名です。

他にも、青森には十和田湖温泉郷があり、東北を旅行する人が必ずと言っていいほど立ち寄るスポットです。十和田湖温泉郷は、ボートや遊覧船などを楽しむことができ、一年中観光客で賑わっています。泉質は、皮膚病、やけどや切り傷にも良いとされています。この他、9種類もの泉質がある宮城県の、鳴子温泉は古くから湯治場としても人気の温泉地です。東北の人気温泉は、自然と共存し、秋には紅葉を楽しみ、冬にはスキーを楽しむ客でいっぱいです。

岩手県の花巻温泉は、東北の偉人、宮沢賢治や高村光太郎が愛した温泉です。旅館街は松や桜の並木に囲まれ、花巻温泉に浸かりながら昔の偉人を偲んでみるのも風情があります。山形県には、江戸初期の大銀山を由来とした、大正ロマンを味わえる銀山温泉があります。そばや尾花沢牛に舌鼓を打ち、足湯を楽しみ、ゆったりと流れる時を楽しむのも温泉地ならではの醍醐味です。東北の人気温泉は、自然との一体感を感じ、心と体をゆっくりと回復することのできる癒しの温泉です。




posted by 添乗員 at 18:59 | 東北 温泉
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。